MAKEX ROBOTICS COMPETITION JAPAN 2018

日本予選大会開催決定!

MAKEXとは

Makeblock社のロボットキットと専用パーツを使った、ロボットコンテスト!

『MakeX(メイクエックス)』は、Makeblock社が世界規模で展開している新時代のロボットコンテストです。
日本をはじめ世界各地で予選大会が開催され、国際大会決勝戦には各国の代表チームが出場し、テクニックを競い合います。
MakeXの大きな特長は、対戦相手のチームと協力しながらタスク(課題)に臨むシーンがあることです。
世界中の子どもたちがMakeXの競技を通じて様々なことを学び、身につけ、友情を育んでいきます。
集まれ、小・中学生の仲間たち! 目指せ、日本代表・国際大会優勝!!

コンセプト

【創造】

自らの創造力を生み出す。

【協力】

チームメイトと協力しタスクをクリアする。
連盟タスクを通して、他のチームの子供達とも協力し合う。

【共有】

チームの紹介、ロボットの紹介、試合経験などを皆で共有する。

2018年大会のテーマ

~ブループラネット~

宇宙に地球が生まれてから現在までの過程を振り返ると、私たちの地球は砂漠化と、汚染された海水による浸食が進んでいます。
地球は青い惑星ではなくなってきています。

地球が『BluePlanetブループラネット(青い惑星)』であり続けるために、
私たちは自らが排出する汚染物を改善する新たなロボットを設計する責任があります。

ゴミの分別や海洋プラスチックの除去、旧式の煙突や火力発電所の解体、大気データと地下水質の監視。

「BluePlanetブループラネット」に戻すべく様々な問題をみんなで解決していきましょう!

MakeXブループラネットアリーナマップ

今回の競技は初心者に適した、難易度の低い競技プログラムです。
ブループラネットの参加は、小学生部門、中学生部門の2グループがあります。
mBotを改良してプログラミングすることで、競技者は独自で作業したり、チームメートと協力して競技会の特定のタスクのクリアを目指します。ブループラネットは、環境保全からインスピレーションを得た競技であり、
主にプログラミング、論理的思考、コミュニケーション力などの能力を競います。

日本予選大会のタスク 小学生部門 310点 / 満点  ・ 
中学生部門 330点 / 満点

*個別タスク(各チーム単独でクリアを目指します。)

*連盟タスク(相手チームと協力してクリアを目指します。)

※タスクの写真は、試合の初期状態を写しているものではありません。

Garbage sorting

3種類の家庭ゴミを,対応する丸いゴミ箱エリア ( 赤 - R、緑 - G、黄 -Y ) へ運びます。ロボットが分別を正しく運べたらクリアとします。中学生のチームは家庭ゴミごとに30点獲得できます。小学生チームは、どれか1つでも家庭ごみの分別が正しく運べたらとクリアとします。このタスクで合計90点獲得できます。

Obtain air quality data

アリーナにベースに吊り下げられた大気検査装置(輪っか)があります。小学生のチームは、ロボットがベースから大気試験装置を外せばクリアとします。30点獲得できます。中学生のチームは、ロボットがベースから大気検査装置を外し、更にロボットのスタートエリアに落とせば30点獲得できます。

Dismantle thermal power stations

アリーナに3つの発電機を持つ火力発電所があります。ロボットが3つの発電機を倒し、初期角度に対して違う角度に動かせばクリアとします。発電機ごとに20点獲得できます。3つで合計60点獲得できます。

Dispose construction waste

アリーナに大規模な建設廃棄物が3箇所あります。ロボットが建設廃棄物を正方形エリアから押し出します。廃棄物がしっかりと移動したらクリアとします。廃棄物ごと20点獲得できます。3つで合計60点獲得できます。

Monitor groundwater data

アリーナに5つの地下水モニタリングエリアがあります。ロボットが5つのエリアを検知し、LEDマトリックスディスプレイで黄色く着色された異常エリアの数を表示できたらクリアとします。20点獲得できます。

例:LEDマトリックスにカードの数を表示

このタスクは中学生部門のみ

Conversion of household garbage to fuel gas

ガスタンクとガススタンドがアリーナに配置されています。青チームのロボットは、定位置から出発し、ジャンクションにあるガスタンクをガススタンドに運びます。赤チームのロボットはジャンクションを通過し、右折できたらクリアとします。ガスタンクがガススタンドに入ると10点獲得。更に赤チームのロボットがジャンクションを通過できたら20点獲得。両チーム共、合計30点獲得できます。

Plant the desert

2つの苗木、中継所、2つの砂漠エリアがアリーナに配置されています。1つ目のロボットが苗木を中継所に運び、2つ目のロボットが苗木を中継所から砂漠エリアに運びます。苗木が一度中継エリアに入ったら、各苗木ごとに10点獲得。更に、苗木が砂漠地帯に入ったら、各苗木毎10点獲得。両チーム共、合計40点獲得できます。

君は地球を救えるか!? 何点取れるかチャレンジしてみよう!

参加について

【出場条件】

小学生部門:競技者は小学生のみ。1チームの競技者数は1名または2名で構成。競技者のほかに1名または2名のメンター(顧問)が必要。
中学生部門:競技者は中学生のみ。1チームの競技者数は1名または2名で構成。競技者のほかに1名または2名のメンター(顧問)が必要。

※注意事項
・競技者は複数のチームに所属することはできません。参加のエントリーができるのは1チームからのみとなります。
・メンター(顧問)は複数のチームに所属することができます。
・メンター(顧問)は主に安全面の管理を行い、競技中にプログラムやロボティックス等に関して指示やアドバイスを行うことはできません。
・1つのチームに小学生と中学生の競技者が混在することはできません。
・予選、決勝戦問わず、メンバーの変更はできません。

【参加費】

1チーム5,000円 (大会オリジナルTシャツ付き、ステッカー)

【チームデザイン】

各チーム、チームロゴ、チーム名、チームスローガンを作成すること。

【提出物】

エンジニアリングノート、ソースコード、チームメンバーの写真、ロボットの写真、制作プロセスの写真とビデオを提出

【ロボットスペック】

  • ロボットの部品は、メイクブロックの販売するものを使用(今大会用のベーシックキット必要)
  • 3Dプリンタで自作した物は追加使用可
  • 初期サイズは25cm立方に収まるサイズ
  • 最大サイズは30cm立方に収まるサイズ
  • 最大重量5kg以内
  • モーターはmBotモーターか、 TTギアモーターDC6V/312RPMのみ使用可
  • 9gマイクロサーボモーター、指定のmCore(数量:1)

【MAKEX参加キット】

MAKEXに出場するには、mBotにMAKEXアドオンパックが必要になります。

mBotを持っていない人向け

2018MakeX スターターキット

2018MakeX
スターターキット

28,080円(税込)

mBotを持っている人向け

2018MakeX スターターアドオンパック

2018MakeX
スターターアドオンパック

16,200円(税込)

自分専用の練習場が欲しい人向け

2018MakeX スターターアリーナキット

2018MakeX
スターターアリーナキット

19,440円(税込)

【MAKEXアドオンパック解説】

~RGBLineFollower編~

~ColorSensor編~

~AudioPlayer編~

~9gMicroServo編~

開催会場 開催情報 2018.09.16

■国内大会

【東京】 2018年10月20日(土)世田谷ものづくり学校

当日は、ご見学も可能です。ご予約は不要です。

タイムスケジュール(予定)
9時30分〜 受付
10時 開会、チーム発表、説明会
10時30分~11時30分 練習時間
11時30分~12時30分 予選試合 (12試合)
12時30分〜13時 休憩
13〜14時 予選試合(12試合)
14時〜14時30分 決勝説明
14時30分~15時 決勝進出チーム練習時間
15時~16時 決勝トーナメント(12試合)
16時 表彰
17時 閉会

【沖縄】 2018年11月18日(日)沖縄タイムスビル

今後、MakeX 日本予選大会は東京以外の地区でも開催を予定しています。
開催情報は随時更新されますので最新情報をご覧下さい。


■競技体験会&説明会

【東京】 2018年9月29日(土)世田谷ものづくり学校 (108 教室)
※イベントは終了しました。

◎午前の部: 10:00〜12:00  ◎午後の部: 14:00〜16:00

主催:一般社団法人STEM教育協会

一般社団法人STEM教育協会

一般社団法人STEM教育協会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-3-8 ACN秋葉原ビル 4F

Mail makex-j@stem.or.jp
MakeX 日本予選大会に関するお問合せはメールにてお願い致します。
※お問合せの内容に依っては返信できない場合もございます。予めご了承下さい。