無料オンライン講座「MakeXへの道」参加者募集中

MakeX2020東京大会

MakeX2020東京大会 SPARK部門は、オンライン予選とオンサイト決勝で構成されるSTEAMコンテストです。
参加チームは、本大会のテーマ「Future Home」について、
チームのアイデアを表現する作品を製作し、発表します。

MakeX2020東京大会のテーマ「Futre Home」

近い将来、AIは私たちの生活に変化をもたらします。皆さんが大人になった時、AIはどのように生活に溶け込んでいるでしょうか?
皆さんが考える、今よりも快適で、便利で、楽しい「Future Home」とはどのようなものでしょうか?
「Home」は、住居施設だけでなく、家族・文化・故郷・地球などの意味も含めます。人生のあらゆる側面で、皆さんは「Home」を意識するでしょう。家を出て、都会で学び、働き、交流し、そして家に帰ります。休みの時に故郷へ帰る人もいるでしょう。皆さんは、自分にとっての「Home」について深く考えたことはありますか?あなたの理想の「未来のHome」を考えてみてください。

身の回りの実際の課題・不便さを解決しましょう。

まずは、現在の「Home」について、より細かい項目(家族・家具・建物・家の環境 など)に分けて、今ある問題を定義し、より良くするための改善方法を考え、プログラミングや様々な材料を使って表現してください。

AIで出来る事を学び、解決方法に取り入れられないか考えましょう。

問題を解決する方法の中に、AI技術を取り入れることが望ましいです(必須ではありません)。
大会への参加を通して、参加選手とメンターのが、AIについて理解し、学ぶことが望まれます。
※解決策にAIの要素がが必ずしも入っている必要はありませんが、一度、AI活用の視点で考えることを推奨します。

チームみんなで作品のコンセプトを決めよう

作品のコンセプトを決める際には、チームメンバー同士で協力し合い、アイデアを交換し、ブレインストーミングを行い、問題点を分析し、解決策を一緒に考えていきましょう。

無料オンライン講座「MakeXへの道」

オンサイト決勝出場チームも、そうじゃないチームも、
9月20日にみんなが集まって、楽しい大会が開催できるように、
今僕たちにできることを3か月間を通して考えて行こう!

MakeXとは

STEAM教育を念頭に置いた国際的なロボットコンテスト「MakeX」 MakeXの概要  MakeXは、青少年向けの国際的ロボットコンテストのプラッ。。。詳細は↓

MakeXとは

STEAM教育を念頭に置いた国際的なロボットコンテスト「MakeX」 MakeXの概要  MakeXは、青少年向けの国際的ロボットコンテストのプラッ。。。詳細は↓

MakeXとは

STEAM教育を念頭に置いた国際的なロボットコンテスト「MakeX」 MakeXの概要  MakeXは、青少年向けの国際的ロボットコンテストのプラッ。。。詳細は↓

お問い合わせ

大会に関するご質問はこちらからお問い合わせ下さい。

主催

協賛:駿台電子情報&ビジネス専門学校/SB C&S株式会社

会場協力:アオバジャパンインターナショナルスクール

運営協力

後援