一緒にMakeX2020東京大会を盛り上げませんか?

MakeX日本実行委員会は、世界各国で広がっているロボットコンテスト「MakeX」を、日本でも、より多くの人々に紹介し、日本中の、より多くの青少年に、ロボットコンテストの参加の機会を作ることを目的に、有志で作られた非営利の任意団体です。構成メンバーは、MakeX2018東京大会・MakeX2019東京大会に、参加・運営・協力したロボットプログラミング教室で構成されています。

MakeX2020東京大会実行委員会の目的

大きなチャレンジをする体験を
ロボットプログラミングで
日本中の子供たちに

 私たちの活動は、子供たちの生きるチカラを育むという信念で行っています。大きな目標に向かってチェレンジする体験に価値があると信じています。
 私たちが、子供たちに生きるチカラを育む手段は、試行錯誤を繰り返し、仲間と協力しながら、目標に挑戦するロボットコンテスト「MakeX2020東京大会」を開催し、多くの子供たちに参加してもらう事です。

MakeX日本実行委員会 メンバーのご紹介

MakeX日本実行委員会 役員 

久木田 寛直

MakeX日本実行委員会 会長


世田谷ハツメイカー研究所 所長/㈱AzhaiCommunications 代表取締役
2005年より駿台電子情報&ビジネス専門学校講師を勤め、IID 世田谷ものづくり学校にて産学連携を軸としたプログラマーやデザイナーの育成カリキュラムを取り組んでいる。

荻原 裕

MakeX日本実行委員会 事務総長


TinkerBase代表
MakeX2019 審判委員長 
IoTデバイス開発事業を行いながら、2018年より、出張型ロボットプログラミング教室を運営。
文化学園大学杉並中学校・高等学校のSETAM教育プロジェクトの企画・講師として、カリキュラム開発に取り組んでいる。

浅古 康友

MakeX日本実行委員会 会計


世田谷ハツメイカー研究所 講師/㈱AzhaiCommunications
将来自分で会社を起こしたいということからビジネスを学んでいる。また、教育事業担当として主にハツメイカー研究所のコンテンツを充実させることや、自分自身が講師となり、日々勉強しながらプログラミング教育に取り組んでいる。

MakeX日本実行委員会 委員

海野 雄史

MakeX2019 東京大会 運営委員長。IT企業を経営する傍ら、様々な企業の事業開発支援を行う。

桜田 良彦

英語とプログラミングのアフタースクール「FlyNexia」でプログラミングのカリキュラム開発兼主任講師 。MakeX2019優秀メンター賞

山内 裕太

MakeX2019 東京大会 技術委員長 キッズ向けロボットプログラミングスクール「テクキチ」主任講師

任 遠 

ものづくり・プログラミングスクール「Little Hopper」代表取締役。 MakeX2019 優秀メンター賞

丸山 理絵子

MakeX2019 東京大会 事務局長。通称:Miss MakeX

渡辺 敦

16年間、現地在住日本人向けの塾の運営・教師として、中国に在住。中国のSTEAM事情に精通。

田所 鉄平 

愛媛のプログラミングスクール「Active」代表。

運営委員会メンバーが所属しているロボットプログラミング教室一覧

世田谷ハツメイカー研究所
Tinker Base
テクキチ
FlyNexia
Littele HOPPER
Active

プログラミング教室運営者・学校の先生・個人の方々等、幅広く、大会を一緒に盛り上げる有志のメンバーを募集しております。

お問い合わせ先

運営にご興味がある方は、こちらまでお気軽にご連絡下さい。
MakeX日本実行委員会 事務総長 荻原 裕宛て
ogiwara@tinker-base.com