審査委員長

山内 祐平 氏  

東京大学 大学院 情報学環 学際情報学府・教授

1967年愛媛県生まれ。大阪​大学​人間科学部卒業、大阪​大学​大学院人間科学研究科 博士前期課程修了。 茨城​大学​人文学部助教授、​東京大学​大学院情報学環准教授などを経て2014年から現職。​「学習環境のイノベーション」を研究テーマとしている。​ ​著書に「デジタル教材の教育学」(編著、東京大学出版会)、「学びの空間が大学を変える」(共著、ボイックス)、「デジタル社会のリテラシー」(岩波書店)、「『未来の学び』をデザインする―空間・活動・共同体」(東京大学出版会)など。https://fukutake.iii.u-tokyo.ac.jp/ylab/

審査員

渡辺ゆうか 氏

ファブラボ 鎌倉 / 一般社団法人 国際STEM学習協会代表 

多摩美術大学環境デザイン学科卒業後、都市計画、デザイン事務所を経て、2010年ファブラボジャパンに参加。2011年5月東アジア初のファブラボのひとつである、ファブラボ鎌倉を慶應義塾大学教授の田中浩也氏と共同設立し、現在代表をつとめる。地域と世界を結び、デジタル工作機械の普及により実現する21世紀型の創造的学習環境構築に向けて、世代や領域を横断した活動を展開している。https://www.fablabkamakura.com/

松村 礼央 氏

株式会社 karakuri products 代表取締役

東大 先端研 人間支援工学分野 客員研究員。在学中は人型ロボットの開発・製造に従事。2013年に独立しkarakuri productsを設立。2016年、法人化。現在はロボット技術とコンテンツビジネスとの融合を題材に、アミューズメント/テーマパーク向けのインフラシステム開発に注力。その第一弾として「タチコマ1/2リアライズプロジェクト」を企画。同プロジェクトにて、コミュニケーションロボット「タチコマ」の設計・開発を行っている。近著に 「iOSxBLE CoreBluetoothプログラミング」(ソシム(株))がある。https://krkrpro.com/

石塚 和人 氏

IID 世田谷ものづくり学校 企画ディレクター

早稲田大学商学部卒業。10年以上に渡り、アクセサリーブランドやジュエリーメーカーにて企画・デザイン・設計などを手がける。その中で3DプリンターやCADなど新しいものづくりの手法を研究するうちに、FabLab(ファブラボ)やコワーキングスペースなどの場に興味をもつ。2015年には世田谷区の廃校を活用した複合施設であるIID 世田谷ものづくり学校の企画担当として入社。現在は企画ディレクターとして、世田谷を中心とした産業振興・創業支援・地域交流などをテーマとしたイベント・セミナー・ワークショップを多数企画・実施している。https://setagaya-school.net/

まお 氏

ギャル電

ドンキでアルドゥイーノが買える時代を夢見て、ギャル電というユニットで活動をしている。いつか渋谷に電子工作ブームを巻き起こし、技術サポートができるよう学部では電気電子工を修了。 修士ではDIY電子工作カルチャーをリアルストリートに広める研究をしている。https://twitter.com/GALDEN999

ねば~る 君

納豆の妖精

「納豆」とそのふるさと「茨城」そして世界中の「子どもたち」を応援するために この世に生まれた納豆の妖精。茨城県公認の「いばらき魅力発信隊」。茨城県警公認。全国納豆協同組合連合会公認。物産、観光等のPR、防犯等の広告塔。全国ネットのTVやインターネット(Youtube)等で大人気となり、現在は高いトーク力とパフォーマンスで全国各地、イベントや企業パーティー、講演会などで活躍中。https://nebaarukun.info/