2018年10月20日(土)、「2018MakeX 日本予選東京大会」がIID世田谷ものづくり学校にて開催されました。

MakeXとは、Makeblock社が世界規模で展開しているロボットコンテストです。
日本をはじめ世界各地で予選大会が開催され、国際大会決勝戦には各国の代表チームが集まります。

MakeXの大きな特長は、対戦相手のチームと協力しながらタスクに臨むシーンがあることです。
世界中の子どもたちがMakeXの競技を通じて様々なことを学び、身につけ、友情を育んでいきます。

MakeX2018 東京大会の主催は一般社団法人STEM教育協会で、会場は、世田谷ものづくり学校で行われました。

MakeX2018 東京大会ではスターター部門が開催されました。
ルールガイドはこちらをご参照下さい。

MakeX2018 東京大会の様子

本大会では、全12チームで、予選4試合・決勝3試合を行いました。
優勝を成し遂げたのは、IID 世田谷ものづくり学校内に教室を構える世田谷ハツメイカー研究所のチーム「チームUK」と「チームユイ&ココロ」でした。

この同盟チームは、予選1位通過と2位通過のコンビということもあり、圧倒的な強さでした。


MakeX2018世界大会のレポート

出場チームが所属した世田谷ハツメイカー研究所のレポートです。

MakeX2018大会レポート1
MakeX2018大会レポート2
MakeX2018大会レポート3
MakeX2018大会レポート4